10月<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12月

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


アラフォーのブリジット・ジョーンズに新たな恋!? シリーズ最新作の予告編公開 : 映画ニュース - 映画.com


まさかこんなに間をおいて続編ができるとは・・・。
ていうか、ブリジットはまだ独り身だったのか・・・。
しかも今回はヒュー・グラントが出ないとか。ダニエルは死んでしまったらしい(-_-;)


スポンサーサイト
映画 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

家族はつらいよ

2016/03/10 Thu 14:25

JCOMオンデマンドの先行試写会で観ました。

頑固おやじが突然妻から離婚届を突き付けられ、急遽家族会議が開かれることに。
長男、長女それぞれの連れ合いたちが集まり離婚を阻止しようとするのですが、
家族それぞれが日頃の不満をぶちまけ始めたり、
父が大変なことになったりで家族会議どころではなくなり…
さてどうなることやら…というお話。

母の離婚理由が男からしたら 「へ?そんなことで?」だと思います。
でも妻ならたぶん共感できます^^;
東京家族」のキャストがそのままそっくり同じ役を演じているのですが、
前作と違いこちらは喜劇、それも昭和のにおいたっぷりのドタバタコントみたいなところもあり、
爆笑とまではいかないけど笑えました。
この一家ならまだまだ騒動が起きそう。配役もぴったりだしシリーズ化してもいいかも。
こういうほのぼのとしたホームコメディをもっとテレビでもやればいいのに。


映画 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

愛を積むひと

2015/06/19 Fri 15:15

ケーブルテレビの試写会で観ました。
あらすじは・・・省略^^; 公式サイトで見てください。

主人公とは世代的にドンピシャだったので共感することも多く、妻の手紙には何度も泣かされました。
私もあんな優しい妻になれたらなあ~絶対ムリだけど^^;
それと舞台となった美瑛の四季折々の風景が素晴らしくてこれだけでも見る価値ありです。

原作は外国の小説だそうですが、機会があったら読んでみたいと思いました。


映画 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

マエストロ!

2015/01/30 Fri 16:21

ケーブルテレビの試写会で観ました。
笑いあり涙ありを期待していたのですが、ストーリーはありきたりで可もなく不可もなく・・・というのが正直な感想です。
もう少し丁寧にそれぞれの事情を描いてくれてたらもっと感動できたかも。
演奏シーン込で2時間ちょっとは短すぎたような。

とはいえ演奏とエンドロールの曲はすごくよかったです!巻き戻して何度も聴いてしまいました^^;
(そういうことができるのがオンデマンドのいいところですよね)

でも音楽映画はやっぱり映画館で観るべきですね。


映画 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

パイカリ5

2013/01/17 Thu 14:20


「パイレーツ・オブ・カリビアン5」の脚本家が決定 : 映画ニュース - 映画.com


J.デップの継投も決まったそうです。
公開は2年半後・・・52歳かあ。アクション大丈夫かなあ^^;


映画 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

東京家族

2013/01/16 Wed 15:00

半年以上のご無沙汰ですm(_ _)m

ケーブルテレビの試写会で観たのでメモ代わりに。。。
とりとめのない感想をだらだら書いただけなのでほとんど参考にはならないと思いますが。
(ネタバレ多めです ご注意を)


東京に住む子供たちと会うため瀬戸内の島から上京してきた老夫婦と
子供たちとの数日間が描かれた作品。
長男と長女はそれぞれに仕事や家庭の事情があって
せっかく上京してきた両親の相手をすることもままならない。
独身の次男が東京見物に連れて行くが、もともとそりが合わない厳格な父親と言い合いになる始末。
長女は自宅ではなく高級ホテルを手配し宿泊させてしまう。
都会の人ごみの中で時間をつぶすようにたたずむ老夫婦(このシーンが特に印象的でした)
その後父親は旧友と会い泥酔 一騒動おこし、
一方母親は次男のアパートへ行きそこで恋人を紹介され上機嫌で帰ってくるが。。。



「子供たち!ちょっと冷たいんじゃないの!?」というのが普通の感想かもしれません。
特に長女は親を邪魔者扱いしてるようで感じ悪く描かれています。
でも決して親を思う気持ちがないわけじゃないし
良かれと思ってしたことが結果両親には迷惑なことだったとしても
それを親の方もちゃんと理解していて心の底では感謝していたのではないかなあ、
少なくても母親は分かっていたんじゃないのかなあ・・・と私は感じました。というかそう思いたい。
長女と自分の性格や境遇が重なるので自己弁護(?)してるだけなのかもしれませんが。

ただ唯一長女の夫にだけは共感できませんでした。
やっぱり他人だからああなのかな。この人の存在意義がイマイチ分りませんでした。

でも一番親孝行(?)をしたのは家族ではなく他人である次男の恋人でした。
母親には信頼され、気難しい父親の心も最後には解きほぐしてたし・・・。

家族だけでは行き詰ってしまうことでも逆に他人が入ることで見えてくるってこともあるんですね。
家族だとつい甘えが出てわがままになったりするから本当の気持ちが隠されてしまうこともありますし。

母を亡くしそれぞれに後悔はあったと思うし、この先がどういう結論になるのかは分からないけど
この家族はみな幸せなんだろうなと思いました。
私も願わくばとみこさんのように生きたいし逝きたいなあ。でも性格が滋子だから無理か^^;

親の立場で観るか子の立場で観るかでも感じ方は違ってくると思われます。
私はちょうどその中間の年代のせいか、両側の気持ちが分かりすぎるほど分かったので
感動もひとしおだったのだと思います。
登場人物のせりふや感情にいちいち共感してしまい、終始嗚咽してました。

あ!決してお涙頂戴的な映画ではないですよ。
なのに観終わって2日経った今でもいろんなシーンが思い出されて胸が熱くなるって・・・歳ですね^^;

若い人には退屈な映画かもしれませんが、私にとってはいろいろ考えさせられるとてもいい映画でした。
親にはもっと優しくしないとなあ(-。-) ボソッ


映画 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

『ダーク・シャドウ』

2012/05/23 Wed 16:13

観てきました~♪
今回はvさんも無理やり(?)誘って^^;

ネットでの評価がイマイチだったのであまり期待してなかったのですが、
ストーリーも分かりやすく意外とおもしろかったです。
白塗りだけじゃなくデップ様の若かりし頃を彷彿とさせるお顔も拝見できたし^^
それに女優陣がみな美しくてうっとりでした。

CMの感じからだともっとコミカルな作品かと思ってたのに結構血が流れるシーンが多かったです。
でも「スウィーニー・トッド」ほど生々しくはなかったですが。。

また劇中には70年代の曲がふんだんにBGMとして使われていたようです。
私は洋楽に疎いのでカーペンターズしか知らなかったですが^^;
それからパーティで歌ってたア○スさんってなんと本人のカメオ出演だったんですね。
vさんも私も知らなくて、「あの人は実在した人物なの?」なんてお互い聞きあってたので
帰ってきてから調べたんですけど^^;

欲を言えば、バンパイアのバーバナスがもうちょっとかわいげのあるキャラだったらよかったのになあ。
そしたらもっとデップらしさが出たような気がするし、もっと感情移入もできたのに~。
ティム・バートンにしてはさらっとしすぎな感じもしましたが、
今の私の頭にはこれくらいがちょうどよかったかも^^

映画 | コメント:(6) | トラックバック:(0)
映画ニュースにこんな記事があったので 予告編をさっそくさがして観てみました。


ジョニー・デップ&ティム・バートン最新作「ダーク・シャドウ」予告編が解禁! : 映画ニュース - 映画.com


コメディですね^^おもしろそうです。

予告編はこちらで観られます。


映画 | コメント:(4) | トラックバック:(0)

『はやぶさ 遥かなる帰還』

2012/01/30 Mon 15:28

劇場公開の前にテレビで試写を観ることができました♪

一昨年 満身創痍で7年ぶりに地球に帰ってきた小惑星探査機「はやぶさ」。
その計画に関わった科学者や技術者たちの苦悩や葛藤、
陰で支えた小さな町工場の職人たちの思いなどを事実に基づいて描いた人間ドラマです。

正直 はやぶさの結末を知ってるし、トラブル続きだった経緯もドキュメンタリー番組などを通して
ある程度は知っていたので あまり感動とかは期待してなかったのですが・・・。
あの奇跡的な帰還がいかにたくさんの英知と高度な技術が結集しての偉業だったのかを
改めて知ることができて感動を新たにしました。
まるでフィクションのように次々と難題が襲いかかる展開ですが
どれも現実にあったことなんですよね。
「日本人ってスゴイ!」って単純な感想でホント申し訳ないですが まずそう思いました^^;

はやぶさが自ら切り離したカプセルをまるで見守るように追随し やがて燃え尽きて消えていく映像、
それと最後のミッションで奇跡的に撮られた地球の写真も映画の中で実際に使われていました。
こらえていた涙と鼻水がどっとあふれ出た瞬間でした^^;

静かに寄り添うように流れる辻井伸行さんによるBGMも
感動をいっそう盛り上げてくれていたように思います。


イトカワが採取してきた1500個の微粒子が 今後どんな神秘を伝えてくれるんでしょうね。
早く知りたいです。

映画 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

映画ニュースから

2011/12/07 Wed 12:23

映画.comはいつもチェックしているのですが、
時々メモ代わりにここに残しておきたいなと思う記事に出会うことも・・・。
でも たしか記事に勝手にリンクはしちゃいけないはず。

しかし FC2ブログなら「共有」という形で載せるのはいいみたいなので
さっそくネタにさせていただきました^^


ジョニデが初のバンパイア役「ダーク・シャドウズ」劇中写真初公開 : 映画ニュース - 映画.com


これは観たいな~♪
また白塗りだけど^^;

映画 | コメント:(2) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。